オオカミ少年とはつらいものです。

こんにちは。


SiiTaです。


自分という人間がどう思われているか。


が分かる一日でした。


今日職場で、Iphoneに変更したことを伝えると。


☆その1

 オトさん:「うそだー!ほんとに?ほんと??換えたのーーーーー?!!買わないと思ってたよぉおおおおおお!」



☆その2

 クーナさん:「やだー!!!誰の?????」

 あたし:「ヤマさんのだよ。」同じIphone持ってる人の名前をだしてみました。

 クーナさん :「やっぱりーーー。だと思ったぁ。」



☆その3

 オチンさん:「うひょーーーーーー!!!え?え?誰の????」

 あたし:「ヤマさんのだよ。」

 オチンさん:「あぁ、何だー。びっくりしたぁ。」

 あたし:「いやいや、うそうそ。あたしのです。」

 オチンさん:「!!!!!まじですかッ?!!おひょーーーーー!」



☆その4(全員の前で)

 イトさん:「なんで買っちゃうんですかぁああああーーーーーー!!!ずるい!ずっとがらケーでいてほしかったぁッ!!!」

 イトさん:「その抜け駆けずるい!!!中学生だったら、リンチですよぉッ!!」(イトさんはすでにスマホです。)



実は職場では一人ががらケー状態でした。


あたしが、スマホを持つことは許されていないのかぁ?


たしか、「欲しいなぁ。買おうかなぁ。」て言ってたはずなのに。


だれも信じていなかった。


んー。


まぁ。


前の日記にも書いてたと思いますが、ケータイがなくても生きてける様を見せてたので、


みんなが、許してくれないのはそのおかげかもしれません。


そして、おとといのおとといまで。


一人がらケーの会話で持ち上げてきました。


みんなが、


スタンプスタンプ


ラインラインなどと言っているとき。


何ですかそれ。と。


職皆:「Iphone6のカバーまだ、いいのうってないよねぇ。」


の返しは、「いやいや、こっちこそどこ見てもストラップ(がらケーの)売ってないよ。」


職皆:「絵とか上手だから、スタンプ作って売ればお小遣いかせげていいんじゃない?」


の返しは、「そうだね!やってみようか!・・・だから、がらケーだってば。ラインって何だよ。」


職皆:「あ、そうだったね。エヘッ。」


と、お互いわざとらしくからかって会話を楽しんでました。


が、今日はラインという猛威に挑戦。


オチンさんにテトリアシトリおしえて頂きました。


心外だったのは、いえ、それほど心外ではありませんが。


スマホを指でサッサッツとなぞっていると


オチンさんが「SiiTaさん、それやりたいだけでしょぉおー!ケタケタケタッ」と笑っておるじゃーないですか。


おいおい、スマホとはそういうもんじゃーないのかい?と。あたし。


んまぁそんなこんなんで、なんとかラインを開通。


☆オチンさん、職皆、あたしの成長を見守ってくれて。・・・ありがとう ☆☆☆


しかし。仕組みが。まだよくわからない。


んーーーーむつかしい。


と、ここでなんでスマホにしたんだ?という疑問。










お答しましょう。











あたしだってー、



時代の波に、乗っかりたかったんだーよぉぉおおおーーーーー!!!


以!上。

文句あるかッ!


あるわけない。


さて、さっさと食レポ食レポ。


朝:目覚めまぁまぁ。最近は中の上程度 んー。なにたべたかな。

昼:ふりかけご飯

夜:そぼろごはん。ゆで餃子。サラダ。おしんこ


・・・最近。


これで大丈夫?とちょっと心配になるメニューだ・・・。


だけど、息子の成長は著しく問題なし。


なぜなら、こんなあたしでも朝にパン食は出さない。


日本人は米だ。米を食え!と。


あと脂質ものは必ず食べさせる。


急ぎ足くらいのスピードでエネルギーに変換されるとのこと?


補足としては、あたしの記憶があるかぎり、


自分は高校くらいまで、毎朝食パンだったわけです。


母、楽して朝ごはん♪ってことですね。


反面教師、成功!!!


先程もいいましたが、おかげで息子たちの成長が著しく問題なしです。


☆ 母さん ありがとう パン好きだったよ ☆☆☆




ではまた。