ご注意くださいッ?!

こんにちは。




SiiTaです。




昨日の夜中は雨がものすごかったです。




思わず、外を見てしまいました。




・・・雨で外が白かった。




ではどうぞ!




 朝 : 目覚め下の下 とてつもなく上目瞼と下瞼がくっついててあかない。極度のドライアイ。


     さらに頭痛。カーッツと左こめかみを押さえる。


     頭痛薬飲むか考え、飲まなかった。よし先勝!


     でも、申し訳なかったが息子たちにはお茶ずけにして頂きました。


 昼 : スーロータン?タースーロン?あれ?名前忘れてしまいました。ホットもっと。


 夜 : 赤飯、味噌汁、卵焼き、砂肝、おしんこ、もずく、ノンアルコールビール(試供品)マズッ!




今日の夕ご飯の赤飯はだんな母が持ち込んでくれました。ありがたい。




カギの閉め忘れや、近所の子に柿を配ることさえしなけりゃぁなんともありがたい存在である。




まぁ、だんな母には触れずに進みます。世の中そんなもんです。




今日は睡眠時間について会社の人たちと話しました。




 イトさん:「SiiTaさんはいつもどれくらい寝てるんですかぁ?」


 あたし:「んー4・5時間?3時間ッテ時もあるかな。」


 オトさん:「短いねぇ。」


 あたし:「んなもんで、ココ(頭)やばいんです。(満べんの笑顔)病気ですかラぁ〜。」


 イトさん:「あ、なるほど。だからココ(頭)いかれちゃってるって訳ですねッ!」


 オトさん:「ははッ何それぇ〜。」


 あたし:「何でしょうねぇ。寝ないとこうなるんですよ。」と。




つまり、中身のないくだらないことで毎日が楽しいって話です。




”栗”の発音が逆なだけで馬鹿笑いしている後輩しかいないのです。




もう、職場ごと病気です。




つい、先日もイトさんとは地獄について真面目に話をしました。




「あたしたちは絶対に地獄行きだよね。」




「針の上とかで寝かされるんだよ。きっと。」




「もしもだよ、もしも。天国に行けたとしたら、




・・・きっと仕事はくみとり屋だよ。仕事選べないんだよ。命令で。」




「いや、やっぱり天国無理でしょう。地獄行っても、くみとり屋でしょう。




門番とかさせてくんないよ。あたしたちにいい仕事くれないよ。絶対ッ。」




うなずきながら、「だね。」とハモることができました。




結局「地獄に行けるだけありがたくない?”無”より全然いいよね!”ム”は恐怖でしかいないよ。」




と、話はつきないですが。。。終わったのです。




あたしにとって、文章では書ききれないほど、楽しく笑いの地雷がドッカンドッカンしている職場なのです。




仲間に恵まれるってのはありがたいことです。




ただ、ハハッ、信頼関係は築けておりません。




・・・。




ただ。




こんな会話を日々していると




レベルの高い真剣な話が出来なくなります。




ご注意下さいッ。




あたしはふざけてばかりいるので、レベルの高い真剣な会話をしだすと




目が泳ぎます。




以上!




ではまた。