親として絶対に忘れてはならない出来事

こんにちは

 

SiiTaです

 

今日は自分のために記録を残そうと思います

 

先日長男がインフルエンザにかかりました

 

熱は下がったものの

 

5日間も学校を休まなくてはならず

 

学校から休み中にもらった宿題を

 

やりなさい

 

と言いました

 

今思えば、この宿題をこなすことは

 

息子のためではなく

 

わたし自身のためだっただろうと思います

 

1年生の時からの蓄積で

 

学校のことはやらないと

 

息子が後で大変になる

 

怒られる

 

と。。。

 

それを理由に

 

体調の万全ではない息子に

 

そう指示をしてしまいました

 

結果は決まってます

 

やれるはずはありません

 

少しでもやろうという姿勢があったことを

 

褒めるべきでした

 

でもわたしはそれが出来ず

 

何故やらないの?!

 

やれないなら寝てなさい!

 

と責めました

 

息子はそれでも布団にも行けなくて

 

何も言わずに

 

動けずに。

 

そんな姿勢に

 

わたしはさらに責めました

 

なんで布団にも行けないの!!

 

やるか寝るかどっちかにしなさい!

 

動けない理由があるなら話しなさい!!

 

とずっと責めてしまいました

 

息子はグッとこらえ泣いていました

 

その後

 

翌日から

 

息子の様子がおかしくなりました

 

一番感じたことは

 

瞳に輝きがなくなりました

 

反応もありません

 

ゴロゴロとコタツに寝て顔を隠すような仕草

 

食欲もなくなり

 

生きる気力がない様子になりました

 

はじめはそれが演技だと

 

その仕草にも

 

わたしはイライラを募らせてしまいました

 

ただ、時間が進むにつれて

 

これはわざとじゃなく

 

本当に少し変だ

 

本当に心を壊してしまったのだ

 

そう思いました

 

わたしは最低な母親で

 

自分を責めても

 

もう取り戻せません。

 

息子さんはいつもと違う状況で

 

「体調がよくない

 

絶対にインフルエンザになりたくないと言ってたのになってしまった

 

学校も行けない」

 

この状況で怒られたので

 

いつもだったら乗り越えられる事態が

 

今回は違う形で出てしまったのでしょう

 

きっと一過性の症状だと思います

 

お医者さんや

 

子供相談のかたへ相談して

 

そう教わりました

 

お母さんもいろんな出来事で

 

ストレス

 

心配

 

本当に大変だと思います

 

でも、焦らずに

 

いつも通りにして過ごしてください

 

いつか元に戻ってくれます

 

と。

 

そして今

 

その息子と

 

心の回復に向けて

 

頑張っています

 

学校との連携

 

次男のありがたみ

 

主人もわたしもとても大切なものを

 

失いかけています

 

でも絶対に手を離さないように

 

心を取り戻せるように

 

頑張り、絶対に諦めません

 

自分を見つめ直し

 

変えていく努力をします

 

絶対に忘れない

 

 

 

長男

 

こんな未熟な親のそばでごめんね

 

でも誰よりも

 

あなたを心配して

 

守ってあげたい一心です

 

愛情も愛もたくさんあります

 

戻ってくれるのが

 

明日でも

 

1週間先でも

 

1年先でも

 

ずっと先でも

 

わたしは頑張るからね